先輩社員の声

勤続年数、インタビュー内容、所属はは質問時(2021年3月現在)のものです。

――就職体験談を聞かせてください。
私は、会社を選ぶことに重点を置き就職活動していました。
その理由として、本当に入りたいと思った会社の志望動機じゃないと面接で話せないと思っていたからです。
そのため、県内開催の合同説明会はほぼ参加し合説に参加していたIT企業はすべて巡るまで帰らないという気持ちでやっていました。
IT業界を志望した理由は、ひとつの物事に集中して取り組み、時には周りと意見を出し合いながら完成を目指す。そんな働き方がしたいと思ったからです。
プログラミング自体も、大学の授業で少し触れていたので、なんとなく作業のイメージができていました。
ロジックデザインを知ったきっかけは県内の合同説明会です。
それまで多くのIT企業の説明を聞いていたので、「どの会社も同じようなもんだ」と思い始めた頃でした。
ロジックデザインは、自社の説明だけではなく業界全体の今後の動向を見据えて話をしていました。
現状を把握した上で、自社はどう行動していくのか明確にビジョンがありました。
その説明がすごく印象に残り、ロジックデザインの試験を受けることに決めました。

――あなたはどんな学生でしたか?どのような日々を送っていたか教えてください。
サークルに生きてました!大学生に向けたフリーペーパーを発行する活動をしていました。 取材、文章作成や紙面デザインなど、やることは多かったのです。しかし、徐々に高まっていくメンバーとの一体感を感じる瞬間や、発行された時の達成感がたまらなく好きでした。とても充実していました。 サークルを全力でやったからこそ得られた学びや体験が今の自分の大半を形成しています。

――実際に入社して職場の雰囲気はどうですか?また、入社前と、入社後でロジックデザインの印象は変わりましたか?
仕事とそれ以外のギャップがすごい会社です。仕事中は、皆さん黙々と作業を進めており、社内にキーボードを叩く音が響きます。ミーティングでは活発に意見交換が行われます。私の仕事の進捗や内容について細部まで気に掛けて下さり、適格なアドバイスをいただけます。 皆さん、仕事をしている姿がとてもスマートでかっこいいです。仕事(業務)以外はというと…仕事中のスマートな姿とは打って変わって、皆さんすごく…ものすごくテンションが高い。特に1年目の社員旅行は本当に衝撃的でした。出発地点からテンションが高いです。旅行中ずっとおなか抱えて笑ってました。
普段の業務は、客先に出向いている方もいるので、自社の社員が集まると一体感が生まれます。

――入社後の研修はどうでしたか?
入社後2か月間の研修がありました。私はプログラミング未経験の状態で入社した為、研修では初めて聞く単語や実践的なプログラミングに苦労しました。同期と情報を交換しながら、何とか研修を終えることができました。配属後は、配属先の方が一丸となって教育をしてくださいました。 業務内で分からないことがあったときは、先輩が定時後にも関わらず指導してくださり、周りの方々には感謝しかないです。

――現在携わっている仕事や、これまでに携わって印象深かった仕事について教えてください。
現在は、半導体に関わる業務を担当しています。
これまでに印象深かった業務は、自動運転に関連するシステムの開発です。主に、既存ソースコードのリコーディング、検査、一部仕様書の作成を担当しました。 このプロジェクトで一番やりがいを感じた瞬間は、自分たちが開発したシステムを使用した車が実際に走行している映像を見た時です。

――社会人になった自分の印象はどうですか?学生時代と何が変わりましたか?
学生の頃、自分が社会に出て働いていくイメージが全く湧かなかったので、「自分ちゃんと出勤できているな。」というのがここ最近の自分の印象です。
学生時代と変わった点は、取り敢えずやってみる精神が備わったことです。以前は計画を立てている段階で、自分には無理だと諦めることや、周りが大丈夫と言ってくれるまで行動に移すことができないことが多々ありました。 社会人になり日常の業務を行う中で怖がっていては前に進まないし、誰かが代わりにやってくれる、なんてことはないので毎日不安になりながら仕事をしていました。最初は電話を取ることさえ怖かったです。でもやってみると、案外と何とかなっちゃたりして。なので、社会人になってからの方がやりたいと思ったことを実現できている様に感じます。

――現在就活中の学生の皆さんにアドバイスをお願いします。
会社を選ぶ際に、どんな仕事か、福利厚生、給料…いろいろな判断材料があるかと思います。そのなかで、「だれと働くか」を判断材料に加えてみてはいかがでしょうか。
仕事をしていると辛いときや泣きたくなるようなことがあるかと思います。そんな時に、一緒に悩んでくれる人がいることは、とても励みになります。 また、このひとの様になりたいと思える人がいることは、モチベーションにつながります。多かれ少なかれ、仕事は多くの人が関わり合いながら進んでいきます。考え方が違えど、目指すところが一緒ならば、互いに協力して乗り越えていく事ができます。
就職活動期間は説明会などを通して、企業の人と話をする絶好の機会だと思います。ぜひ、「この人達と働きたい」と思えるような会社に出会ってください。私たちも「一緒に働く仲間」を待っています。

▲先輩社員一覧へ

――なぜロジックデザインを選んだのですか?
高専の時の学科は、電気系、情報系のどちらも勉強する学科だったのですが、元々、情報系に興味があり高専を選んだことや、プログラムを扱う部活に入っていたこともあり、希望職種は決まっていました。
ロジックデザインを選んだ理由は、率直に言うと直感です。会社説明会の冊子を眺めていて、たまたま目に入ったのがロジックデザインを知るきっかけでした。私の就職時は母校からの実績は全くなかったのですが、何か惹かれるものがあり、就職先に決めました。

――現在携わっている仕事や、これまでに携わって印象深かった仕事について教えてください。
現在は、LSIのテストパターンの変換や編集ツール開発を行っています。一つひとつのツールは小規模で、臨機応変な対応が必要なのですが、自分が仕様設計したものを自分でコーディングできるので楽しく作業しています。
いままでで印象深かった仕事は、複数台の車両の運行を管理するシステムの開発です。初めての複数人での大規模システム開発で、今まで学んできた知識を総動員する必要がありました。

――学生時代に学んだことで役に立ったと感じられることはありますか?また、会社に入って自分が成長したと思えるところはありますか?
情報系科目はもちろんですが、基本的には全てです。業務では使わない知識も多いですが、それらも、雑談や日々の生活に大いに役に立っています。
成長したと思えることは、使えるプログラミング言語の幅が増えたことです。業務の都合上、いろいろな言語を使用するのですが、言語ごとに特色があり、いろんな視点から考えられるようになったと感じます。

――今挑戦していることはなんですか?
積極的に作業効率化のための情報共有やツールの作成をしています。

――ロジックデザインって率直に言ってどんな会社ですか?
部署にもよるかと思いますが、なんでも気軽に相談できる良い雰囲気の職場です。

――現在就活中の学生の皆さんにアドバイスをお願いします。
就職活動中や後に、過去に後悔したり、将来に不安を感じたりすることもあると思いますが、過ぎたことは変えられないし、果報は寝て待てとも言いますし、あまり気負いせずに頑張ってください。

▲先輩社員一覧へ

▲ページトップへ